東大受験日記
東大に受かるまでの日記
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出発のポエム:劇場版勇気、男は純情編。
2007年04月07日 (土) 02:15 | 編集
暑苦しい現代。


ここに立ってるだけで、人の波は僕を連れ去る。


僕の体、内臓、言葉、宗教、哲学、思想、信条、


全部「流れ」ってやつに、飲み込まれてく。


流され、漂い、流され、


知らないうちに


今と呼ばれる小さな箱の中に、僕らは詰め込まれる。


でも僕は幸せだった。


なぜなら、ここで君に出会えたから。


僕はつかまえた。


今。


ここで。


この、暑苦しい小さな箱の中で。


君の華奢なその手を!


見失いかけてた自分を見つけたよ。


君のおかげで。


もう二度と、つないだこの手は離さない。


たとえ人の波に押し流されようと、外の明かりの届かない暗闇でも。


僕が立っていられる、唯一の希望は


君だから。


電車のつり革。








スポンサーサイト
愛のポエム:女の告白、サバの香り編。
2007年04月07日 (土) 01:43 | 編集
冷たそうに、無愛想に振舞ってるんだけど


ふれてみればわかる。


あなたは温かい。


そんなことを言って、


すぐにあなたの扉をあけっぱなしにしてしまうわたし。


冷たいため息をつくあなた。


ごめんね。


同じ失敗を繰り返して、またごめんねって言う。


そんなわたしにあなたはいつも同じように怒ってくれたね。


わかってたよ。


それがあなたの優しさでしょ?


わかってるよ。


ほんとに。


あなたのこと。


冷蔵庫。


Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。